2007年10月24日

健康危機!!

健康不安なんてものではない。その兆候は先週木曜日に始まった。なぜか、自転車がパンク。自宅まで引きずって戻る。翌朝、床をあげるとき、なにやら左腰がおかしい。金曜は手話講習会がある。普段は自転車で行くのだが、使えないのでバス。バス停まで、1,2分。のはずだったが、外にでて歩き出すと、10歩も歩かないうちに脚が痛くなる。立ち止まっても直らない。しゃがみこむと少しは楽。少し歩いては、しゃがみ、そんな風にしてようやくバス停。バスを待つ間は、しゃがんだまま。ずいぶん痛みは治まったが、乗ったバスが、あいにく満員。降車停留所の福祉センターまで20分、立ちっぱなし。足は痛いし。乗客は、ほとんど、センターへいくご老人。お年寄りの苦労が、身にしみて解った。降りるころには、痛みもおさまり、講習のほうは、無事終了。帰宅時も問題なし。でもその晩、寝返りが打てない。土曜日、医者に、途中しゃがみこみながら行き、X線をとる。腰椎と仙骨がずれている。
コルセットをいただき、痛み止めの薬をもらい、精密検査(11月1日実施予定)の結果を待つ。
すでに約束していた色々な行動予定をキャンセル。自宅で安静にするしかないか。とりあえず、せがれの車に乗せてもらって、パンク修理用品を買い、自転車は修理完了。乗ってみたがなぜか痛みがない。おかげで、いくつかの義理は果たせた。
posted by とのぐさ at 18:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 あらららら〜。大丈夫ですか?
薬が効いて、痛みが薄らいだのかもしれないよ。
注意してください。

小生の腰も最悪。お互い、ポンコツになる速度が速まってきたのかもしれない。年取るって、さみしいもんですね〜。
Posted by arai at 2007年10月24日 19:13
みなさんから腰痛のはなしはよく聞くのですが、正直他人事と思ってました。ある日、突然に!!なんですね。(本当はじわりじわりなんでしょうが、それが気づかない)。まあ、残存能力をどう生かすかということで、ようやく障がい者の仲間入りができたと思えば、それなりの意義も見出せる。と、相変わらずのやせ我慢。
Posted by tonogusa at 2007年10月24日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック