2016年11月08日

吹き矢をはじめました

時間がないといいながら、悪い癖で新しい趣味をみつけてしまった。きっかけは、足が弱ってきたこと。足底筋膜炎は、悪くなることはないが、よくもならない。43KM徒歩あるきは、自信がなくなってしまった。このままでは運動不足、足が悪くなっても続けられそうなものは、肺活量の訓練。カラオケもよさそうだが、根っからの音痴では、これもむり。たまたま、福祉センターの寿大学で、追加募集があったので、もうしこむ。合わせてネットでしらべてみると、多摩市は、スポーツ吹き矢先進地域のようだ。会場や会員が多い。ちかくの小学校でも毎日曜日練習がある。問題は用具が高価なこと。「趣味は金がかかる」というのはわかってはいるが、ちょっと二の足。べつのサイトで、国際吹き矢道というのがあった。吹き矢をスポーツとしてとりいれた創始者のサイト。ここでは、用具を自分で作る。その情報が満載。早速アルミパイプを近くのホームセンターにいったが、長さおよび内径の適当なものがなく、これは、吹き矢道協会にメールで注文。その他、自作できそうもない小物は注文して自分でも矢を作って飛ばしてみる。なかなか面白い。

並行して、スポーツ吹き矢の会にも入会し、練習に参加。用具が高いのも致し方ないことがわかる。スポーツとして、競技会が行われるので、条件を同一にする必要がある。的紙や的のスポンジは、おおくの人が練習すると、破損して交換しなければならない。会員のおおくは、吹き矢を吹くことが楽しいので、用具までつくる気はないのだろう。

わたし個人は、競技が目的ではなく、道具を作ったり、吹き方を変えるとどんなになるか、実験をしてみたいだけ。これからは、自作の用具で、自宅で試行錯誤。会の練習で、指定用具をつかって、研究成果の確認をおこなうと、してみたい。

 

posted by とのぐさ at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹き矢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック